スポンサード リンク

FXのリスクを分析する

FX取引の初心者であればもちろんその取引自体の分析をしておく必要があるでしょう。もちろん、FXでなくてもこのような金融商品の取引ではリスクを避けることは出来ません。一般的にFXを分析すると、ローリスクローリターンで出来る取引とは言われています。しかしながら、売買する外貨の額に影響され、比例します。これは、FXの場合は、実際に売買する外貨の10分の1以下の証拠金で取り引きできるからです。いわゆる見かけの投入資金に対するリターンもリスクも大きくなるという分析です。

一方、FXとは違って流動性リスクといわれているのが、日経のような株式です。FXと違って、市場に出回っている量に限りがあるため、価格が暴騰暴落した時に、買いたくても買えない、売りたくても売れない状態に陥ります。FXの場合は、通貨を対象にしていますので、量に限りはないはずです。ほしいだけの通貨の量は市場に出回っています。FXではメジャーな外貨ならば暴騰暴落はあっても、買えない、売れない状態になることはないのです。出回っていないと思われるマイナーな通貨の場合、これと同じ流動リスクがありますから気をつける必要があるでしょう。

さらにFX取引を分析してみましょう。FX取引でありがちなのは、業者に起因するリスクがあるということです。また、FX取引の方法、手段であるサーバーや通信回線に問題が生じ取引不能となり、このような不可抗力によってチャンスを逃すこともあるのです。このようにいろいろな観点からしてもFX取引は必ず儲かるということは誰も保障できないのです。FX取引もいわばギャンブルの一種だと分析できます。
| 日記

投資としての日経先物取引

日経先物取引とは金融商品であります。この先の価格の上昇を予想してその商品を購入し、実際に商品価格相場が上昇して、売る場合差額を利益として得ることができるのです。紙上や電子的に取引するため市場よりも大規模な日経先物取引を行なうことが可能であり、投資としては大変価値のあるものです。

日経先物取引の一般的な特徴でもあります。つまり、購入もしくは売却する代金丸ごとの現金は不要で、証拠金のみで取引が出来るというものがあるのです。これは、証拠金取引と呼ばれています。このため、株式の信用取引などと同じで、大きな利益、大きな損失が生じやすいので、日経先物取引は、投資額からみるとハイリスク・ハイリターンな取引ともいます。

日経先物取引に関して、想像以上の損失となってしまう投機家がでてくるのは、こういった日経先物取引の特徴のためでしょう。日経先物取引投資家にとっては、その商品が経営上重要なわけではなく、商品価格を左右するような情報を手に入れ予測することで、先物取引を行い、利益を得るといったしくみです。

この投資という動きが存在することにより、日経先物取引市場の取引規模は増大し流動性が高まっていくという流れです。また、いろいろなありとあらゆる情報を価格へ織り込む役目になっているのではないでしょうか。結果的にそうなっているといえます。これにより、日経先物市場の有用性が高まるのです。
| 日記

FXで資産運用

FXで資産運用を考えている人も少なくないでしょう。FX取引は相対取引といわれ、取引中は頻繁に取引会社に電話をすることになります。価格を常に確認しなければならないのです。取引会社がある価格を提示してくれるようになっています。それでよければ取引成立となるのです。日経225などの現物株取引と違っているところでしょう。

FXで資産運用したいなら、注文方法を勉強することが不可欠となります。FX取引方法は、現在電話、またはインターネットによるものが主流だそうです。また、ネット取引は人件費がかかっておらず、手数料が安いので、資産運用を考えているようなひとにはおすすめかもしれません。FXでの資産運用取引の初心者であればは電話での取引をすすめます。最初は、出来るだけ誰かにアドバイスを受けながら、聞きながらのほうが安心ではないでしょうか。

FX取引の決済方法は、直物為替と先物為替があり、直物為替は現時点での価格の通貨の交換で、先物為替は将来の時点での通貨価格の交換となります。取引単位は一枚あたり一万通貨単位となります。昔は100万通貨単位で行っており、USDを買うとなると一億円以上の資金が必要となっていわのですが、現在個人FXでの取引で資産運用するには取引しやすい単位となっているようです。

FX取引時間は日本時間の月曜7時からニューヨーク時間の金曜午後5時までで、取引会社で働いている人の時間に合わせているようです。FX取引で資産運用する場合には、手数料が事取引会社によって違っているということも頭に入れておきましょう。
| 日記

FX取引と日経株取引の違い

日経のような株取引とは別に、最近TVや新聞などでいろいろな意味で、大変話題のFX取引ですが、英語で言えばforeign exchangeの略となり、和訳すると外国為替という意味です。つまりFXとは外国為替保証金取引のこととなります。外国マネーの売り買いをFX取引といっている場合が多いでしょう。ここが日経株の売買とは少し違う点です。

まだまだこのFX取引に関しては人口が少なく、ビギナー、つまり入門者が多いのではないでしょうか。海外と何かを取引をすることを外国為替といいます。また、日本国内における為替取引は内国為替と呼ばれて区別されています。このFX取引はやり始めると簡単に利益が出るといわれ、楽しくなるといわれています。

FXは内国為替と違い、取引相手が海外であり、決済や送金は外貨に交換するのです。日本円と外国の通貨を交換する取引なのです。保証金を担保にし、その何倍もの単位で取引する金融商品です。また、日経株式投資とは違って安定性が高い反面ローリスクであることが特徴でしょう。FX取引はこういった取引初心者の方々に話題なってきています。

日経株式投資になるとかなりの知識と経験と勉強が必要となります。大変難しい取引なのです。それに比べてFX取引の選択は賢い選択ではないでしょうか。FX取引で使用される外貨預金とは、日本円ではなく、米ドルや、欧州ユーロ、英ポンドなどでの預金です。外貨預金をするメリットは、円預金よりも金利が高かったり、為替差益を得られるような場合もあるとことではないでしょうか。
| 日記

日経225とは

日経225と呼ばれる日経平均株価指数によって代表的な株価を指数化したものです。具体的には日本で代表的な上場企業225社の株価、つまり225銘柄から算出したもので、これに対して、日経300という株価指数もあります。この日経225は日経平均、日経ダウのようにも呼ばれており、最も信頼のおける指数なのです。

この日経225では、権利修正によってこれら銘柄の成長性が明確にわかるといわれています。また、日経225の採用銘柄は入れ替えがありませんから、長期間での継続性が維持されます。よく知られており、海外でも著名な指数です。そして225銘柄に限られていることから、その銘柄の動きに左右されるというような特徴をもっています。特に、日経225での発行済株式数が少ないために、株価の高い株の値動きに影響されやすいというような一面もあるようです。

日経225の先物取引に関していえば、この先の期日に、現時点での条件によって買売をすることを約束するというものであり、例えば日経225株価指数を、一銘柄とし、買売します。通常の株式投資と違う点は、いつの月までに取引を終了させなければならないという期限がついているところでしょう。具体的に言えば日経225の先物取引の取引期限月は3月、6月、9月、12月となっています。メリットとして株であれば、値が上がれば売って、値が下がれば待つということができるわけです。
| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。