スポンサード リンク

日経225とは

日経225と呼ばれる日経平均株価指数によって代表的な株価を指数化したものです。具体的には日本で代表的な上場企業225社の株価、つまり225銘柄から算出したもので、これに対して、日経300という株価指数もあります。この日経225は日経平均、日経ダウのようにも呼ばれており、最も信頼のおける指数なのです。

この日経225では、権利修正によってこれら銘柄の成長性が明確にわかるといわれています。また、日経225の採用銘柄は入れ替えがありませんから、長期間での継続性が維持されます。よく知られており、海外でも著名な指数です。そして225銘柄に限られていることから、その銘柄の動きに左右されるというような特徴をもっています。特に、日経225での発行済株式数が少ないために、株価の高い株の値動きに影響されやすいというような一面もあるようです。

日経225の先物取引に関していえば、この先の期日に、現時点での条件によって買売をすることを約束するというものであり、例えば日経225株価指数を、一銘柄とし、買売します。通常の株式投資と違う点は、いつの月までに取引を終了させなければならないという期限がついているところでしょう。具体的に言えば日経225の先物取引の取引期限月は3月、6月、9月、12月となっています。メリットとして株であれば、値が上がれば売って、値が下がれば待つということができるわけです。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。