スポンサード リンク

FXのリスクを分析する

FX取引の初心者であればもちろんその取引自体の分析をしておく必要があるでしょう。もちろん、FXでなくてもこのような金融商品の取引ではリスクを避けることは出来ません。一般的にFXを分析すると、ローリスクローリターンで出来る取引とは言われています。しかしながら、売買する外貨の額に影響され、比例します。これは、FXの場合は、実際に売買する外貨の10分の1以下の証拠金で取り引きできるからです。いわゆる見かけの投入資金に対するリターンもリスクも大きくなるという分析です。

一方、FXとは違って流動性リスクといわれているのが、日経のような株式です。FXと違って、市場に出回っている量に限りがあるため、価格が暴騰暴落した時に、買いたくても買えない、売りたくても売れない状態に陥ります。FXの場合は、通貨を対象にしていますので、量に限りはないはずです。ほしいだけの通貨の量は市場に出回っています。FXではメジャーな外貨ならば暴騰暴落はあっても、買えない、売れない状態になることはないのです。出回っていないと思われるマイナーな通貨の場合、これと同じ流動リスクがありますから気をつける必要があるでしょう。

さらにFX取引を分析してみましょう。FX取引でありがちなのは、業者に起因するリスクがあるということです。また、FX取引の方法、手段であるサーバーや通信回線に問題が生じ取引不能となり、このような不可抗力によってチャンスを逃すこともあるのです。このようにいろいろな観点からしてもFX取引は必ず儲かるということは誰も保障できないのです。FX取引もいわばギャンブルの一種だと分析できます。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。